コロナウイルスに効果的なツボ!

此処じゃない?

あくまで可能性だけどね。

昨日ヒントを出しました。
”現れがちな大きな虚は、任脈では腹部、督脈では上背部と腰椎から仙骨部にかけての領域でしょう。
経絡上に現れる虚は、その症状によって様々ありますので今は触れません。
実として現れるのは、呼吸補助筋が集中する頸部、ウイルスの毒素で頭痛、発熱時の関節痛・筋肉痛と考えられましょう。

鍼灸の基本は虚実補瀉、すなわち虚は補い実は瀉すのです。

任脈に現れる虚は、生命力の低下であり、これには免疫力、栄養、体力の要素も含みます。
具体的に言うなら、神闕から関元辺りに現れます。

任脈の虚は面積が大きく、最初はとても広いので温灸が適していますが、治療する間にだんだん狭くなるので、最後は点灸サイズになっていきます。

督脈に現れる虚は、運動器系と区別する必要がありますが、臓腑系疾患であればその臓腑の近くにより顕著な虚が出るはずです。
上背部であれば身柱の付近、下背部はその方の運動器系の関係もあるので明確に示すのは難しいのですが、腰椎から仙骨にかけての部分になります。

懸枢から上仙にかけて現れますが、病んでいる臓器に寄って行く傾向があるのでその時の体調によって上下します。
時には懸枢より上だったり、上仙より下の仙骨部にも現れます。

督脈の虚もサイズは大きく、しかも深いので温灸が適しています。
任脈と同じく、だんだんと小さくなりますのでこの虚の大きさを見て適切なサイズになったら、温灸の火力の調節が必要です。

一時しのぎでしたら、市販の貼るカイロや蒸気の出る温熱パックでも代用は出来ると思います。
もちろん、当て方が大まかになってしまうので、精度は落ちますがね。

実はこの温灸による補法の原則に関しては、和ら会の任脈督脈中心療法の説明でもあります。
詳細をお知りになりたい方は、臨床直伝コースで扱っていますのでご参加をお願いします。

さて、明日は実系のツボ「 呼吸補助筋が集中する頸部、ウイルスの毒素で頭痛、発熱時の関節痛・筋肉痛 」に対するアプローチをしていきます。

こっちでもやってます↓

和ら会・真和塾